ブログ

 

建設業許可申請で営業所の写真を撮影するときのポイント

建設業許可の申請をするときには、営業所の確認資料として、営業所の写真を撮影し添付する必要があります。

 

この記事では、どんなことに気をつけて写真を撮影すればいいのか、ポイントを押さえながら説明いたします。

 

建設業許可申請で営業所の写真を撮影するときのポイント

建設業許可の申請のときには、次の3つの写真が必要です。

  • 営業所の建物外観
  • 営業所の入口付近
  • 営業所の内部全体

それでは1つずつみていきましょう。

 

営業所の建物外観

営業所の建物全体を撮影します。

看板や標識などを設置している場合は、社名が確認できるようにします。

 

営業所の入口付近

営業所の入口付近を撮影します。

郵便受けのポストや表札は、社名が確認できるようにします。

 

営業所の内部全体

営業所内部の写真は、全体がわかるように4方向からの写真を撮影しましょう。

また、机、イス、ロッカー、パソコン、電話、FAX、接客スペースなどは、それぞれ1枚ずつアップでも撮影し、確認できるようにします。

 

多めに写真を撮る

営業所の外観、内観の写真は多めに撮影して、あとで書類に添付する写真を選ぶくらいにしておいたほうがいいです。

文字が読み取れないとか、この方向からの写真も必要とかで、後から撮りなおすのは非常に面倒です。

営業所の実態がわかるように写真を撮る

余白に営業所の名称、撮影した日付を記入する

提出する写真は撮影した日から3か月以内にする

自己所有または賃貸借等の別を記載する

 

営業所の写真については、許可行政庁である都道府県ごとに異なる場合がありますので、申請される際は、事前に確認しておくといいかもしれません。

 

 

 

関連記事

最近の記事

プロフィール

topgazoukeitaiyou - コピー

        大槻 翼

ページ上部へ戻る