ブログ

 

法人成りして建設業許可を取得するときにおさえるべきポイント4選

法人成りして建設業許可を取得するときにおさえるべきポイント4選

売上が上がって、支払う税金も増えたのでそろそろ法人にしたほうがいいかも。と考えている建設業の個人事業主の方も多くいると思います。

 

本日は、個人事業主から法人成りすると同時に、建設業の許可も一緒に取得するときにおさえておきたいポイント4選について説明します。

 

本記事のテーマ

個人事業主から法人成りして建設業許可を取得するときにおさえるべきポイントがわかる

 

おさえておきたいポイント

  • 定款と登記の事業目的
  • 資本金の額
  • 事業を継続するための対策
  • 適正な社会保険

 

それでは一つずつみていきましょう。

 

定款と登記の事業目的

会社を設立する場合は、まず初めに会社運営の基本的規則を定め、法人登記をします。

会社運営の基本的規則のことを「定款(ていかん)」と呼んでいます。

法人が建設業許可を取得する場合、定款、登記に記載する事業目的は、許可を取得したい業種を記載していなければなりません。

取得したい業種を記載していない場合、建設業許可を取得することはできません。

取得するためには定款や登記を変更しなければならず、許可取得まで時間を要するだけでなく、士業などの専門家に依頼するとなれば余計な費用が発生してしまうので注意したいところです。

また、今後追加したいと考える建設業許可業種があるのであれば、会社設立のときに定款及び登記の事業目的に記載しておくといいかもしれません。

 

定款、登記の事業目的には許可を取得したい業種を追加する

 

資本金の額

会社を設立するときには、資本金の額を決めないといけません。

「意味はないけど、資本金の額はなんとなく400万円にしよう。」とかで決めてはいけません。

なぜなら、建設業許可の要件に「財産的基礎等」という条件があるからです。

財産的基礎等というのは、簡単にいうと、自己資本の額が500万円以上であるか、または500万円以上の資金を調達する能力を有しているかを確認する項目です(一般建設業の場合)。

資本金の額は500万円以上

会社設立と同時に建設業許可の取得する場合であれば、資本金の額を500万円とすることで、「財産的基礎等」の要件を満たしていることを証明する書類は省略することができます。

会社設立時の資本金が500万円あることがはっきりとしているからです。

中途半端に400万円とかにするのであれば、500万円以上の金額にして建設業許可の要件も一緒に満たしたほうがいいですよね。

事業を継続するための対策

法人になるということは、社会的な信用も上がり、規模の大きな取引先との契約も増えることになります。

必然的に雇用を増やしたり、営業所を増やしたりする必要がでてきます。

そうなると、経営者は事業を継続することをこれまで以上に考えないといけません。

建設業許可では、経営業務の管理責任者や専任技術者の要件を常に満たしていなければならず、経営業務管理責任者が欠けてしまうと、許可の取消し事由となってしまいます。

だからこそ、会社設立後は、事業を継続するために経営業務の管理責任者や専任技術者が欠けないように後継者を取締役に就任させておくなどの対策をとる必要があります。

 

経営業務の管理責任者や専任技術者が欠けるということがないように先を見据えた人員配置を考えておく

 

適正な社会保険

法人となれば、社会保険に加入する必要があります。

また、令和2年10月の建設業法の改正により、社会保険の加入が建設業許可取得の要件となりましたので、必須事項です。

会社設立するにあたり、社会保険の加入手続きが必須となることはあらかじめ知っておく必要がありますね。

 

社会保険への加入は義務

»関連記事: 建設業許可の社会保険加入が義務になります

 

まとめ

個人事業主から法人成りしておさえておくべきポイントについてまとめてみました。

定款、登記、資本金の額、事業継続のための建設業許可の要件など、細かいけれども大事な点が多くあります。
また、登記は司法書士、税金面は税理士、社会保険は社会保険労務士、建設業許可は行政書士と会社を設立して建設業許可を取得するまでは、多くの士業がかかわることになります。

当事務所では、スピードとフットワークの軽さを活かして、他士業と連携をしながら、会社設立から建設業許可取得、取得後のフォローもあわせてサポートさせていただいております。

個人事業主から会社を設立したいと考えているのであれば、建設業経営者のお力になりますので、些細なことでも構いませんのでお問い合わせください。

関連記事

最近の記事

プロフィール

topgazoukeitaiyou - コピー

        大槻 翼

ページ上部へ戻る