ブログ

 

【専任技術者】10年の実務経験を証明する場合の注意点

【専任技術者】10年の実務経験を証明する場合の注意点

建設業許可の取得を考えたときに大きなハードルとなるのが、次の2つの要件です。

  • 経営業務の管理責任者がいること
  • 営業所ごとに専任技術者がいること

これらに該当する者がいて、かつ証明書類を用意することができるのであれば、建設業許可の要件はほぼほぼ満たしているといってもいいでしょう。

 

本記事では、専任技術者の要件のうち、10年の実務経験を証明する際の注意点について解説していきます。

 

本記事のテーマ

【専任技術者】10年の実務経験証明の注意点

 

この記事をみれば、10年の実務経験を証明するときの注意点がわかります。

 

それでは、さっそくみていきましょう。

まずは、専任技術者の要件の確認です。

 

専任技術者は営業所ごとに配置しなければならない

建設工事に関する請負契約の適正な締結、履行を確保するためには、建設工事について専門的な知識が必要です。

見積、入札、契約締結等は、各営業所で行うため、専任技術者は、建設業を営むすべての営業所ごとに配置しなければなりません。

 

一般建設業の専任技術者の要件

一般建設業における専任技術者は、次のいずれかに当てはまっていることが要件です。

  • 一定の国家資格等を有するもの
  • 大学又は高等専門学校の指定学科を卒業した後3年以上の実務経験を有する者
  • 高等学校または中等教育学校の指定学科を卒業した後5年以上の実務経験を有する者
  • 専修学校の専門士または高度専門士を称するもので指定学科を卒業した後5年以上の実務経験を有する者
  • 10年以上の実務経験を有する者
  • 複数業種について一定期間以上の実務経験を有する者
  • 海外での工事実務経験を有する者で、当該経験の内容につき国土交通大臣の個別審査を受け一般建設業の営業所専任技術者となり得るとしてその認定を受けた者

国家資格や学歴がない場合は、実務経験を証明していかなければなりません。

 

ここでは、「10年以上の実務経験を有する者」について、深掘りしていきます。

 

実務経験はどのように証明するのか

「10年以上の実務経験を有する者がいないといけないのは分かったけど、どの書類を提出して証明するの?」

気になるところはここかと思います。

実務経験の内容が確認できる資料

専任技術者とする者がこれまで働いてきたところに実務経験の内容、実務経験の年数を記入した実務経験証明書をもらいます。

許可を受けようとしている業種で実務経験の合計年数が10年以上であることを確認できればオッケーです。

そして、証明者が許可を有していた期間は経験期間分の建設業許可通知書(写し)、証明者が許可を有していない期間は経験期間分の工事請負契約書または注文書・請書を添付します。

あくまで許可を受けようとしている業種の実務経験を証明しなければならないため、工事請負契約書などは業種内容がわかるものでないといけません。

実務経験証明期間の常勤性を証明できる資料

事業所名と資格取得日の記載されている健康保険被保険者証(写し)を提出します。

また、健康保険被保険者証の資格取得日が、「使用された期間」と一致していない場合は、該当する事業所名が記載されている厚生年金被保険者記録照会回答票(写し)を提出します。

工事請負契約書、注文書・請書はしっかりと保管

10年以上の実務経験を証明するためには、経験期間分の工事請負契約書または注文書・請書が必要です。

これから建設業許可を取得しようと考えている場合は、なくさずに過去10年分はしっかりと保管しておくことが大事になります。

また、工事請負契約書を結んでいないとかの場合は、実務経験の証明が難しくなりますので注意が必要です。

請求書控えと入金が確認できる通帳で実務経験を証明する

工事請負契約書などがない場合は、請求書控えと入金が確認できる通帳で実務経験を証明するという方法もあります。

請求書と入金が確認できる通帳をセットにすることで、該当月の実務経験があると判断することができるからです。

ただし、この方法はおすすめできません。

労力と時間がかかってしまうからです。

10年の実務経験を証明するということは、120月分の請求書と通帳での入金を確認するということです。

また、建設業の許可を取得しようとしている業種であるかも併せて確認しないといけません。

実務経験の証明方法としては、最終手段として考えるのが無難かもしれません。

 

当事務所では、本業で忙しい建設業経営者の方の力となれるよう建設業許可の取得手続きをサポートしております。
建設業許可を取得したいと考えておりましたら、ぜひ当事務所にご連絡ください。

»お客様とのお約束

関連記事

最近の記事

プロフィール

topgazoukeitaiyou - コピー

        大槻 翼

ページ上部へ戻る