ブログ

 

【経審】国際標準化機構が定めた規格による登録状況W8とは

「国際標準化機構(ISO)ってなに?」

「経審で加点になる規格にはどんな種類があるの?」

「ISO認証で経審で加点されるための条件ってあるの?」

 

こういった疑問にお答えします。

 

本記事のテーマ

【経審の評点】国際標準化機構(ISO)が定めた規格による登録状況W8の基本を知る

 

この記事を読むことで、国際標準化機構(ISO)が定めた規格による登録状況E8の基本がわかり、経審の評点アップにつなげることができます。

 

国際標準化機構(ISO)が定めた規格による登録状況W8とは

経営事項審査(以下、「経審」という。)では、社会性等をはかる指標として評点Wが10つの項目(W1~W10)に分かれています。

そのうちの1つが国際標準化機構(ISO)が定めた規格による登録状況W8です。

国際標準化機構(ISO)が定めた規格による登録状況W8とは、国際標準化機構(ISO)が策定した国際規格であるISO9001、ISO14000の認証を受けた場合に加点される項目になります。

 

国際標準化機構(ISO)とは

国際標準化機構(ISO)とは、スイスのジュネーヴに本部を置く非営利法人です。

世界中の製品やサービスの規格を標準化することで、信頼性の高い製品やサービスを継続的に生産すること、その結果、製品の品質が向上し、それを使用する人が安心して製品を取得したり、サービスを享受したりすることを目的としています。

これは、建設業に限らず、あらゆる分野に当てはまります。

 

ISO9001とISO14001

国際標準化機構(ISO)が定める規格で経審の加点評価となるのは次の2つです。

  • ISO9001
  • ISO14001

 

ISO9001

ISO9001は、品質に関するマネジメントシステムです。

より良い製品やサービスをつくるためのシステムを構築しているかの認証を受けます。

 

ISO14001

ISO14001は、環境に関するマネジメントシステムです。

組織が環境に与えている影響を明確にし、その影響を低減させるためのシステムを構築しているかの認証を受けます。

 

経審で加点されるためにはISOの認証を受ける必要があります。

ISOの認証による評点は下記のとおりです。

国際標準化機構(ISO)が定めた規格による登録の状況 評点
ISO9001およびISO14001の登録 10
ISO9001
ISO14001
登録なし

 

経審で加点されるための条件

ISOの認証を受けたとしても次の条件を満たしていなければ経審で加点されません。

  • 審査登録機関の認証を受けていること(証明書類が必要)
  • 登録範囲に建設業が含まれていること
  • 登録範囲が会社全体であること

 

建設業分野でのISOの認証取得件数は、製造業に次いで多い分野になります。

経審の点数を上げるためにも、サービス向上のためにもISOの認証取得を検討してみるのもいいかもしれません。

    お名前(必須)
    メールアドレス(必須)
    お電話番号(必須)
    お問い合わせ内容(必須)
    送信前のご確認

    関連記事

    最近の記事

    プロフィール

    topgazoukeitaiyou - コピー

            大槻 翼

    ページ上部へ戻る